銀杏並木


 徒歩通勤を復活させて1週間が過ぎた。
原宿の自宅から霞が関の職場まで片道小一時間の道のりである。
家を出てからビクターの青山スタジオ,日本青年館を通り過ぎ,
明治神宮野球場(神宮球場)の中を通り抜けると,
明治神宮外苑の聖徳記念絵画館の背後を起点として
絵画館を包むように前方に向かって細長い楕円を描いた円周道路に出る。
この円周道路から青山通りに突き当たる車道の両脇の歩道は,
約400メートルに渡って左右を大きな銀杏並木で囲まれている。
この場所が有名な「神宮外苑絵画館前の銀杏並木」である。

 大正15年に植えられ巨木に成長した銀杏の枝は,
歩道の両側から所狭しと重なり合い,見事な緑のトンネルを作り上げている。
秋の紅葉も素晴らしい。
人通りが少ない通勤時間に歩道いっぱいに敷きつめられた綺麗な落ち葉は,
まるで黄金の絨毯のようだ。
一歩足を踏み入れると,「異世界への誘(いざな)いの空間」との錯覚さえ覚える。
前日から引きずる煩わしい出来事もここを通る時だけは「自分とは無縁」と思えてくる。
私は心の陰りを忘れさせてくれるこの場所が大好きである。

 絵画館側から銀杏並木の歩道に入り,青山通りに向かって歩んで行くと,
銀杏の枝葉を自然のひさし代わりにしたベンチが点在している。
2年前のことである。青山通りに向かった奥から二つ目のベンチに,
いつも初老のホームレス女性が遠くを見つめたまま黙って腰掛けていた。
私は彼女の前を通るたびに現実に引き戻された。
私の安らぎの空間は,彼女への一方的な同情が宿る場所へと変わってしまった。

 その翌年の去年も彼女は必ず同じベンチに腰掛けていた。
私が前を通り過ぎると,彼女の顔が私の姿を追いかけるようになった。
私は気づかぬふりをして足早にその場を通り過ぎた。
銀杏並木は煩わしさを感じる場所となってしまった。

 今年に入ってからである。
彼女の前を通りかかると呟き声が聞こえてきた。
その女性は,その時から私が前を通ると必ず小声で呟くようになった。
私はヘッドフォンステレオを付けたまま関わりを避けるように前を通り過ぎた。
大好きだった銀杏並木は鬱陶しい場所に一転し,
徒歩通勤はいつの間にか途絶えてしまった。

 徒歩通勤を復活させた初日,
久しぶりの緑のトンネルとの再会に心踊る一方で,
彼女のことが暗く陰を落としていた。今日で1週間,まだ彼女の姿を見ていない。
「何かあったのだろうか。あれだけの時間をかけて何を伝えたかったのだろう?」
「見も知らぬホームレスだぜ,忘れてしまえばいいだけの話さ。
それとも新しい楽しみでも見つけて気を紛らわすかい?」
大好きだった今が盛りの緑のトンネルに見知らぬ女性の存在が暗影を投げかけている。

 それでもやっぱり歩いてみよう。
時間が大好きだった銀杏並木を返してくれるに違いない。

(2003年6月26日脱稿,ジロース)