厨房スタッフ  HP作成スタッフ  苦い思い出  じろーす旅の写真館
 えーちゃんの部屋  ビスカリアさんの部屋  おまけ(じろーすの「おじさんバンド奮闘記」) (「銀杏並木」)




春になったら


 土の表面を覆っていた下草が刈り取られ,
賑やかに重なり合っていたバラの葉っぱがきれいになくなった。
春に向けた剪定作業も順調に進んでいるようだ。
土が見えている庭先に立つと,風の冷たさも手伝って
「今は冬」を実感する。

 多摩丘陵の方に視線を移すと,4階建ての小学校が目に入ってくる。
あの校舎は私が4年生の時に完成した。校庭の向こうは府中市である。
35年前の通学路を記憶の中で辿ってみた。

 お店がある丸山を下って少し歩くと野川の橋に出る。
あの頃何も考えずに「野川」と呼んでいた名前が,
この川の歴とした固有名詞であることを後で知った。
橋を通り過ぎると,突き当たりに桑畑があった。
そこを左に曲がると,人目を気にしながら畑の隅っこを通り抜ける近道がある。
通学路は右に曲がって林沿いの狭い道を進んで行く。
その道端に,小さな茸が生えていた。

「兄が学校の帰りに採ってきて母が味噌汁に入れてくれたっけ」

 友だちの家を通り過ぎながら進んで行くと,真っ直ぐな道に出る。
その突き当たりが校門である。
学校に行き着く1本手前の道を左に曲がると,高校時代の校長の家がある。
 校長の家の庭には卓球台があった。
小学校の授業が終わるとラケットを片手に飛んで行った。
校長の家に行けば必ず友だちと遊べたのだ。
校長は,よく花の手入れをしていた。

「そうだ,あれはバラだ。先生はバラを育てていたんだ」

花壇の中で行方不明になったピンポン球を探して刺の洗礼を受けたことがある。
球を追いかけて,支柱の笹やバラの枝を折ってしまったこともあった。

「春になったら先生をお迎えに行こう。きっと喜んで下さるに違いない」

剪定の済んだバラの枝に新芽を見つけた。
「お,あるある。たくさんあるぞ」
赤い新芽が,そこまで来ている春の訪れと咲き乱れるバラの予感を告げている。

それから2日後,教師になった同級生から校長の訃報が届いた。
弔問の帰り道,心の中でそっと呟いてみた。

「春になったら.....」

(2004年2月21日脱稿,ジロース)