厨房スタッフ  HP作成スタッフ  えーちゃんの部屋  じろーす旅の写真館
 春になったら  ビスカリアさんの部屋  おまけ(じろーすの「おじさんバンド奮闘記」) (「銀杏並木」)




苦い思い出

お気に入りのベンチに腰掛けて,店ができてからの出来事を思い起こしてみた。

私の中学時代からの親友のコツと,私のネット友だちの
めぐさんが親しくなって,寂しかったコツの庭に
四季の彩りを添える2株のバラが植えられた。

めぐさんのネット友だちのミーコさんが加わって,
お店の草刈りを手伝うボランティア軍団「草刈り十字軍」が結成された。

店にいらしたらむさんから教えていただいて,武蔵村山の見事な
イルミネーションを見学し,コツがたくさんの写真に残してくれた。

めぐさんが,栃木から息子さんの運転で来店し,
バラの庭師と,らむさんにたくさんの米糠(バラの肥料)を届けてくれた。

私のバンド仲間やネット仲間が来店し,楽しいひとときを過ごした。

思わず頬のゆるむ出来事の奥からほろ苦い思い出が浮かんできた。

「一人で遊んでいるの?偉いね」
ある秋の日曜,私は店の敷地で遊んでいた小さな女の子に声をかけた。
少女は黙って手にしたノートを見せてくれた。
絵とも模様とも思えない不思議な線が描かれている。
「じょうずだね。何の絵かな?」
「下の庭にきれいなバラがたくさん咲いているから描いてみせて」
女の子は黙ってニコリと頷くと小走りに庭へ下りて行った。

少女が庭から駆け上がってきた。
私の前で立ち止まると小さく微笑みながらメートを開いてみせてくれた。
「庭の花だね。じょうずだ」
少女黙ったままは一片の白い花びらを差し出した。
「バラの花びらだね。ありがとう」
少女は小さく微笑むと再び庭へと走って行った。

「咲いていたバラの花びらを摘んだのではないだろうか」
気になった私はテラスの柵越しにそっと庭を覗いてみた。
すると少女は地面に散った花びらを一生懸命拾い集めているではないか。
私を喜ばせたくて,きれいな花びらを探しているに違いない。

少女の好意に向けた小さな疑念が,大きな陰となって尾を引いている。

(2004年1月20日脱稿,ジロース)