HP作成スタッフ  苦い思い出  えーちゃんの部屋  じろーす旅の写真館
 春になったら  ビスカリアさんの部屋  おまけ(じろーすの「おじさんバンド奮闘記」) (「銀杏並木」)




[厨房スタッフの紹介]

枝垂れ桜

2003年6月18日,雨があがったので久しぶりで徒歩通勤した。
神宮外苑の銀杏並木から青山通りに出て,青山一丁目の交差点を過ぎると,
赤坂御用地の土手伝いの歩道が約800メートル続いている。
この場所で傘を持たずに雨に降られると一駅先の赤坂見附まで逃げ場がない。
雨の勢いに委ねるままとなってしまう。
ふと手入れのいき届いた街路樹の青々とした葉っぱが目にとまった。
いつも気にとめないのに今日に限ってどうしたのだろう。
葉っぱは透き通るような新緑を過ぎて今が盛りの濃い緑色になっている。
よく見ると勢いのよい緑葉の中に枯れ葉が申し訳なさそうに混じっていた。

父の還暦の誕生日のことである。
毎年兄弟からのプレゼント係を担っていた私は,いつものように父に聞いた。
「今年は枝垂れ桜がいいな。マンションのゲート脇に植えて,
花が咲いたら夜は照明をあてて近所の方にも楽しんでもらおう」
私は小中学時代の同級生で植木屋をしている友人に頼んで枝垂れ桜を植えてもらった。
2年,3年,時とともに桜は花を増やし近所の評判になっていった。
父が倒れてからのことである。

「桜が枯れそうなの。友だちに相談してもらえないかしら」
母に頼まれて桜を植えてくれた植木屋の友人に電話をした。
「どんな状態?」
「葉っぱがほとんど枯れているんだ。全部かもしれない」
「葉っぱは落ちてる?」
「いや,枝についたままだよ」
「ダメかもしれないね。自分で落とせなくなっているんだよ」

その桜は父の入院中に枯れてしまった。
父の快気を願う母が土壌の専門家にも相談して二度ほど桜を植えてみたが,
いずれも育たずに枯れてしまった。
今は父が亡くなる直前に植えた4本目の桜が元気に根付いている。

また雨が降っていなかったら歩いてみよう。
あの枯れ葉はなくなっているに違いない。

(2003年6月18日脱稿,ジロース)
 銀杏並木 (徒歩通勤シリーズ・2)〕
最近山歩きに凝っています。

[ 厨房スタッフ ]
オーナー ローズガーデン
シェフ ローズガーデン 連れ合い
時々お手伝い ローズガーデン 弟・ジロース連れ合い
アシスタント 8名の方にお手伝いいただいています。