厨房スタッフ  苦い思い出  えーちゃんの部屋  じろーす旅の写真館
 春になったら  ビスカリアさんの部屋  おまけ(じろーすの「おじさんバンド奮闘記」) (「銀杏並木」)




[HP作成スタッフの紹介]

富士の見える丘

ウッドデッキの手前にあるバラのアーチを庇(ひさし)にした
ベンチに腰掛けると,子どもの頃から見慣れた景色に目を奪われる。
兄が経営するこの店は,今年(2003年)の5月にオープンした。
南に多摩丘陵,西に丹沢山系,天気に恵まれると富士山が望めるこの場所は,
私たちが幼少期から青春期までを過ごした思い出多き丘である。

国分寺の駅から店に向かって歩いていくと,
殿ヶ谷戸公園を横目に見ながら緩やかな坂道を下っていく。
平坦な場所に出たかと思うと,今度は丸山の緩やかな上り坂だ。
この坂を上って真っ直ぐ進んだ突き当たりに店がある。
10分間足らずの道中に幾つかの高台があることに気がつく。
起伏に富んだこの地形は,多摩川の流れが武蔵野の台地を削ってできたものだ。
立川から世田谷の等々力渓谷までの25Kmに亘る通称「ハケ」
と呼ばれる河岸段丘を「国分寺崖線(がいせん)」という。
高校時代に地理の授業で習ったことを思い出す。

子どもの頃の丸山は,原っぱと林が所々に残っていた。
東側の傾斜地は笹が密集し,そこを下りると粘土質の地層の
割れ目からきれいな清水が湧き出ていた。
「サワガニやタニシを採りながら冷たい水で喉を潤したっけ」
店の周りの静けさだけは当時と変わらない気がする。

「富士山がきれいだ。見てごらんなさい」
早朝,祖母が雨戸を開けながら,うるさがる私によく話しかけていた。
「お店のお客さんにも富士山を見せてあげたいな」
私の願いとは裏腹に,こんな時に限って見えたためしがない。
富士は私に似てあまのじゃくのようだ。
あの時の祖母の気持ちが少しだけわかる気がした。

「マスミの写真がいい刺激になったよ。真剣に写真を覚えようと思ってきた」
コツの声で我に返った。
何年か足が遠のいていたこの場所だが,昔の記憶とあの頃の友だちが帰ってきた。

(2003年12月5日脱稿,ジロース)


[ HP作成スタッフ ]
写真撮影隊ローズカフェ専属カメラマン コツ
写真撮影隊特別ゲスト マスミ
フラッシュ,「ローズカフェのバラ図鑑」 いなちゃん
「ローズカフェのバラ図鑑」の説明文 ペガサスさん
デザインアドバイザー えーちゃん
音楽 RIOちゃん
htmlドキュメント,写真トリミング,「道草」エッセイ ジロース (おじさんバンド奮闘記)  


<RIOちゃんの作品集>
ローズガーデンワルツ(作曲&midi制作)
グローリア(アレンジ&midi制作)
春の海(アレンジ&midi制作)
主よ人の望みの喜びよ(アレンジ&midi制作)